Holding List

Outline

臨床スポーツ医学
文明堂

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和雑誌
Title 臨床スポーツ医学
Publisher 文明堂
Frequency
9
Volume - Vol. No. Vol.37 No.12 (444)
Volume - Years of Serial 202012
Volume - Page 1355-1480p
Size 26cm
ISSN 02893339
Volume - Feature Article 2021年からのアンチ・ドーピング-Code改定と未来のスポーツを考える-
Notes 起案者:権藤先生(~2013年3月(H24年度))→丸井先生(2013年4月(H25年度)~2015年3月(H26年度))→三好先生(2015年4月(H27年度)~) A:学術雑誌→C(2015年4月(H27年度)~)
Contents Note 1 (総論)スポーツの価値を護るアンチ・ドーピングにむけた取り組みと対策/改訂版2021年世界アンチ・ドーピング規程-クリーンでフェアなスポーツ環境はどのように発展するか/ドーピングの歴史と国際的なアンチ・ドーピング規則違反事例/ 日本人アスリートにおけるアンチ・ドーピング規則違反の歴史と事例
Contents Note 2 (薬とサプリメントによるドーピング)栄養士の立場からみたアンチ・ドーピング/スポーツファーマシストの立場と行動規範
Contents Note 3 (ドーピング検査)禁止表国際基準におけるドーピング禁止物質と禁止方法/TUE 申請-禁止物質を使用する手続き/競技会検査と競技会外検査/検体分析とは
Contents Note 4 (アスリートとサポートスタッフが考えるこれからのアンチ・ドーピング) 医療従事者に必要な情報とアンチ・ドーピング活動における役割/アスリートの立場から考えるアンチ・ドーピング/大学スポーツ系学科における「スポーツの価値」教育の事例
Contents Note 5 (2021 Codeに策定される新たな国際基準とアスリート憲章)アンチ・ドーピング教育に関する国際基準(ISE)の策定と教育の方向性/アンチ・ドーピングにおけるアスリートの権利宣言
Contents Note 1 再生医療とスポーツ医学(12):運動器再生医療の現状と今後の課題
Contents Note 2 トレーナーのためのスポーツ医学講座(12):〔救急処置と痛みの評価と対応〕スポーツによる痛みの評価と対応(下肢)
Contents Note 3 (臨スポOPINION)スポーツ医学における教育と新規技術開発:カダバーセミナーの意義 関節鏡手術教育とカダバーセミナー(教育者からの観点)足部・足関節
Contents Note 5 臨床スポーツ医学 総目次(2020 第37巻1~12月号)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    Z00025652

    Volume - Location Code
    01 図書館
    Volume - Shelf Code
    091 雑誌架(低い)