Material detail

Outline

観光文化
財界九州社
財界九州社
2020/08/07

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和雑誌
Title 観光文化
Publisher 財界九州社
Frequency
12
Volume - Vol. No. Vol.44 No.3 (246)
Volume - Years of Serial 202008
Volume - Pub. Date 2020/08/07
Volume - Page 72p
Size 27cm
Volume - Feature Article 現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~
Volume - Location Code
01 図書館
Volume - Shelf Code
090 雑誌架(高い)
Notes 刊行頻度:月刊
Contents Note 1 (オンライン座談会:2020年6月23日)①コロナ禍における北海道の自然観光
Contents Note 2 (ウェビナー:2020年6月17日)②with コロナ、post コロナにおけるDMOの取り組み
Contents Note 3 (オンライン座談会②:202年6月18日)③温泉旅館(温泉地)が考える With/Post コロナ(温泉まちづくり研究会 岩手意見交換会)
Contents Note 4 (現場型研究者の実践①)④アドベンチャートラブル担い手の危機 コロナ感染拡大に伴う北海道のアウトドアガイド事業者向け調査結果踏まえ
Contents Note 5 (現場型研究者の実践②)コロナによって顕在化した観光の課題
Contents Note 6 (オンライン座談会③:202年6月24日)知床・小笠原・屋久島で考えた観光のゆくえ
Contents Note 1 視座:現場に学ぶ「持続可能な観光の本質」
Contents Note 2 観光研究最前線①:諸外国におけるCOVID-19対応ガイドライン 2020年4~5月の状況/②新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向 JTBF旅行実態調査結果より