資料詳細

概要

絵本がひらく心理臨床の世界
こころをめぐる冒険へ
前川あさ美 田中健夫 著
146.04
Ma27
1
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
書名 絵本がひらく心理臨床の世界 こころをめぐる冒険へ
著者名 前川あさ美 田中健夫 著
著者記号 Ma27
出 版 者 新曜社
出版年月日 2020/10/02
分類記号1
146.04
定価 2,200
ペ ー ジ viii, 161p
サ イ ズ 21cm
ISBN1 9784788516946
保管場所コード
01 図書館
配架場所コード
011 新着図書コーナー:幼保(L1)
注記 言葉だけでは伝えきれない気持ち。忘れていた遊びごころ。思い込みからの解放…。絵本によって揺さぶられ、ほぐされるこころの在りようを、心理臨床の視点から、ときにはひとりの親として読み解く。 文献あり
件名 臨床心理学 絵本
内容細目1 PartⅠ 絵本の可能性 1.自分の視点、他者の視点 2.想像力が生み出すもの 3.こころは閉じている 4.「ゆとり」の効用
内容細目2 PartⅡ 子どものこころにふれる 5.すぐそこにある「不思議」 6.子どもとおばけ、親にとってのおばけ 7.万能感と好奇心の冒険 8.「きょうだい」という社会 9.おおいなるものとの交流
内容細目3 PartⅢ 人生を生きぬく力 10.ひとりぼっちの時間 11.ひとりを生きることと世代継承性 12.老年期の生きる力 13.喪失に向きあう
内容細目4 PartⅣ 傷ついたこころの回復 14.トラウマとレジリエンス 15.いじめ加害のこころ 16.怒りという感情
内容細目5 PartⅤ 「あたりまえ」とは何か? 17.問いかけることの意味 18.「らしさ」と多様性 19.アイデンティティとしての「色」 20.発達障害と生きること 21.父と子が通じあうとき
内容細目6 終章 母なる存在